ARTISTS

冨樫葉子 (Yoko Togashi)

作品詳細

①②.Bloom Softly3/20 φ24×H28cm 2020年制作
③・White clover φ80×D5cm 2013年制作
上記3点の画像は3つの違う角度から視た同一作品です。
作家のオリジナル技法(レンチキュラー)により、視点を変えることにより、絵柄が動いたり、消えたり、様々に変化します。

経歴

1997年 武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業
1999年 富山ガラス造形研究所造形科卒業
2010年 宮尾洋輔と共に宮冨ガラス工房設立      
東京藝術大学大学院、武蔵野美術大学、等で講師を経験

主な展覧会

2007年 ~ALLURE OF JAPANESE GLASS ピッツバーググラスセンター(米、ピッツバーグ)
2010年 「記憶する風景、ガラスそして備長炭」備長炭ショップ掌(東京 銀座)

2013年 「ガラスのきもち」ギャラリーYUNOR (東京 白金台)
「光のおにごっこ」宮尾洋輔と冨樫葉子のガラスアート展 妖精の森ガラス美術館(岡山 鏡野町)
2014年 EWAAC展 1st Prize(SUWA-Garasuno-Sato)La Galleria Pall Mall (英 London)

主な受賞歴

2002年 北陸のガラス展 金津創作の森美術館(福井)Emerging Artist賞
2010年 「New Glass Review19,26,36,37」入選 Corning Museum of Glass(米 NY)

2014年 EWAAC展 Glass 1st Prize La Galleria Pall Mall(London)

主な収蔵先

富山市ガラス美術館(富山)

主な作品設置

ザ・キャピトルホテル東急(東京 永田町)、山北町立山北中学校(神奈川 山北町)、帝京大学医学部附属
溝ノ口病院(神奈川 川崎)、グランクロワパークリュクス目黒エントランス(下目黒 東京)、プラウド船
橋 (船橋市 千葉)、スタンレー電気株式会社新社屋(東京 中目黒)、セルリアンタワー東急ホテルス
イートルーム(東京 渋谷)、島田市市民病院(静岡 島田)、九勧承天寺通りビルエントランス(福岡 博
多)、成田山川越別院本行院「密厳院大日堂」(埼玉 川越)、ヘアーデザインアールン(神奈川 横浜)、
マンションエントランスBrillia 浦和仲町、他

神奈川県公安委員会第 451420009323号
美術品商 株式会社ギャラリー仲摩

CONTACT

※お問い合わせにつきましては、
外出している事が多い為、
メールでご依頼頂けますと幸いです。